読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早起きは本当に三文の徳なのか。

巷には早起きは三文の徳だと言ったことが言われていますが、本当にそうなのかは私的には疑問です。

最初に断っておくと、私は生粋の朝型人間です。私の場合は普通に生活していて朝型人間なので、特に努力をしているとか、朝型の方が、いいからとかじゃなくて自然と朝型になっている感じです。

 

なぜいきなりこんな話なのかというと、世間で朝型にすれば人生変わるだと言った謳い文句が溢れすぎていて、普段から本当にそうだろうかという疑問を持っていたからです。

 

結論から申し上げますと、朝型人間にも優秀な人はたくさんいますし、夜型人間にも優秀な人はいます。

 

私が受験生の時、夜中の3時とかに勉強してると受験生っぽいという理由で、無理に夜中の3時に勉強したことがありますが、無理に起きているために、眠いし、勉強どころではありせん。また、結局次の日も勉強しなければならないので、次の日も眠くて仕方ありません。結局次の日は一日中眠くて丸一日無駄にしました。

 

このことを夜型の人に当てはめても、夜型の人が朝早く起きて、何か作業を行ったとしても一日中眠いままで、もし夜中の3時をピークに集中出来る人がその時間寝てたとしたらそれはそれで機会損失になると思います。

 

要は自分は何があっていて、どう行動するかだと思います。朝行動するか、夜行動するかの違いでは人生を変えることはできません。何を行動するか、中身が重要であると私は考えます。